リスクを背負いつつもスリリングとハプニングを味わえる野外プレイ

野外プレイは、セックスの中でもかなり特殊かつリスキーでスリリングなプレイと言っていいでしょう。

野外プレイは青姦ともいい、屋外でのセックスのことを言うのですが、やること自体は非常に単純かつ簡単で屋外で普通にセックスをするだけなんですね。

しかし、実際やるとなるといろんな制約がついて回りますので結構大変なんです。

初心者は特に勢いに任せてやると、中々上手くいかずに苦労することもあるかと思います。

野外プレイをするときに、特に気をつけなくてはいけないのが人の目ですね。

当たり前のことではありますが、野外セックスというのはあくまで屋外でありながらも人の目がないところでやらなくてはいけません。

屋外でのセックスは、わいせつ物陳列罪や公然わいせつなどの罪に問われるものなので、見つかって通報されてしまうとアウトですからね。

だから、人の目に晒されるかもしれないというようなスリルを味わいながらも実際に人に見られることに対して警戒しなくてはいけないというような二律背反的要素を持っているプレイとなっているのです。

人の目に晒されないようにするためには、やはり時間帯は夜や深夜など人が少ない時間帯のほうがより安全になりますね。

そして、それだけではなく場所選びも重要になってくるのです。

当然人目がない沖縄のシーサーが見えない環境を選ばないと、スリルどころは本当に見つかってしまいますから、そうなってしまってはスリルどころではなくリスクを負いかねません。

時間帯と場所、この二つは特に野外セックスにおいてある程度下調べをする必要があるのです。

野外の中でも、特に場所として人目があまりない場所というのはやはり郊外の自然の中が特に適した場所の一つですね。

山の中や森の中、雑木林の奥なんかは昼間や夕方でもそれほど人目がある方ではないので、明るいうちでも野外セックスを楽しむことができる場所です。

さらに、時間帯を考えると普段人が多いけど深夜や夜だと人があまり寄りつかない海辺や、公園だと野外セックスの定番の場所となっています。

実際、公園なんかだと夜中はカップルスポットになっていて野外セックスを楽しむ場所、というような暗黙の了解のような場所という風に指定されていることもありますから、そういった場所を利用するのもありかもしれませんね。

ただし、中には乱交セックスの場所などに設定されているようなところもありますので、あくまで二人きりで楽しみたい場合は風俗を利用しましょう。